真面目系クズの生態

真面目系クズの生態

思ったことを思ったタイミングで書きます。

確実に10分以内にすぐ眠れる方法パート2

数年前にこれのパート1を書いたんですけど、

 

もはやそれでも眠れない日々が続いております。

最近はやることが多く寝落ちすることも多々ありますが、それでも早く寝たいときにはどうすればいいのか試行錯誤してやっと編み出したパート2……

 

編み出したっていうか多分昔からあったとは思いますけどね。

一応自力でたどり着いたのでここに書き残していきます。

 

 

ではさっそくその方法にいきます。

 

 

それは体のパーツをひとつずつ休ませるという方法です。

 

 

どういうことか説明します。

 

 

まず普通にベッドに入ります。

仰向けになり自分の楽な体制を探します。

私は若干大の字(全開でやると落ち着かないので若干手足を開く、程度)になります。

 

そして、どこでもいいのですが、体のパーツ(頭、肩、腕、手、背中、太もも、ふくらはぎ、足など)を上からでも下からでも、もしくは好きなパーツからでもいいので一つずつ緊張をほぐしていくように力を抜いていきます。

 

 

具体的には深めにゆっくり息を吸いながら力を抜きたいパーツを意識して「だら~~~ん」とさせます。ゆっくり、ひとつずつ。

 

 

ぶっちゃけこれだけなんですが、これをやると体が寝る体制に入りやすく、私の考えでは脳も体が眠りの体制に入った、と錯覚させることができます。

 

 

ポイントは深呼吸、ゆっくり一パーツずつ眠りに落としていくということです。

 

 

起きてるときって体に力が入った状態だと思っていて、

今まで動き回っていていきなり布団に入ってストン、と眠れるかといったらそうではないんだと最近気付きました。

 

だから体をまず眠らせる。

 

 

眠りに入る手順って、

 

布団入る

眠気が来る

寝る

 

 

ではなく、

 

 

布団入る

体を寝る体制に持っていく

脳がその情報を受け取る

眠気が来る

寝る

 

 

という流れだと思うんです。

 

すぐに眠れる人は無意識にこれができてて、眠れない我々睡眠難民は意識してこの手順を行う必要があります。

 

 

説明下手かもしれませんがとにかくやってみてください。

最初は10分以上かかるかもしれませんが、それを繰り返してください。

 

習慣づければすーぐ眠りの世界にいけます。

 

一緒に快適な睡眠ライフを送りましょう!

 

 

ではでは。

 

 

「不幸の海に浸かっていたい人」は確実に存在する。

現状の不満を垂れる人は多い。

現状から脱却したい。変えたい。幸せになりたい。

不満を漏らす人の多くはそういう人だと思っていたけれど、必ずしもそうではないんじゃないかと思い始めている。

 

不幸になることを望んでいるというより、「不幸のままでいることを無意識に選んでいる」と言った方がしっくりくる。

 

幸せになりたいと口では言っていても、行動に移すことはしない。

そんな人種が存在するんだなぁと、なんとなく思ってしまった。

 

 

 

私は数年前、長く付き合いのある知人と縁を切った。

 

その人は常に不満しか口にしない人だった。‪仕事や家族や友人や恋人、全てに対して納得がいかないのかそんな生活が10年ほど続いていた。

 

私は何年もの間その代わり映えのしない愚痴を聞き続けた。その人の口から発せられる呪文のようなものは常に同じような内容だったので、繰り返し繰り返し同じようなアドバイスを投げかけるしかなかった。時には変化球的に違った角度からのアドバイスを伝えてみたり、また具体的な案を示したりしたが、その人はのらりくらりと曖昧な返事をしながら「でもきっとどうせこうなる」と勝手に決めつけてしまい、とうとう解決に向かって行動を起こすことはなく、おそらく現在も解決していない。

 

私は、「ああこの人にはどんな言葉も届かないんだな。幸せになったら困るんだろうな」と思った。

 

もしくはもうそんな気力がないのかもしれない。

 

とにかく、その人はもう10年以上の歳月を「不幸」という名の海で溺れ続けていた。不幸に身を置くその環境に慣れてしまっていた。

 

もう今更戻れないのだ、と思った。

 

その人が漏らす不満は本当の不満なんだろうし、その人は心の底から幸せになりたいんだと思う。けれど、無意識に「不幸」でいることを選んでいるんだな、とも思えた。

その人にとって、不幸のままでいることは楽なのだ、と。

 

 

 

不幸のままでいることは怠慢だ。

 

その人と私は全く真逆の人間だった。この考えに至った時その人から離れることを決めた。もう二度と会いたくないとさえ思った。

 

 

私が溺れない限り、もう会うことはない。

もしくは、その子が陸に上がってくるまで、二度と会うことはないのだ。