真面目系クズの生態

真面目系クズの生態

いろいろ考え、時々悩む旅好きのブログ。2019年からカナダ🇨🇦でワーキングホリデーを始めます。書いて欲しい事があればなんでも書きます。

ワーキングホリデーに行くことを迷っている人へ。

迷っている人は下の余談から見てください。私なりの考えをつらつら書いております。

 

私がワーホリを決めたきっかけについて話します。

私は来年からカナダでワーキングホリデーをします。

まだビザも取ってないけど、このことはもう3年前から決めておりました。

本当は今すぐにでも行きたいのですが、歯列矯正がまだ終わらない為実家でゆっくりしております。今は体調も万全ではないため、来年までには良くなっていればいいな・・・・・・と思います。

 

私は今から3年前の22歳の頃にワーキングホリデー(通称ワーホリ)に行こう!と決意しました。最初に興味を持ったのは某ワーホリブログを見つけて読んでからなんですが、そもそも私は元々海外に興味があって、旅番組なども大好きな人間でした。昔はよく「ウルルン滞在記」「世界不思議発見」「弾丸トラベラー」「ウーマンオンザプラネット」を見ており今やっている海外紹介系のテレビ番組は大体見てるくらいの旅好き人間でした。

今すぐにでも世界に飛び出したい私は「海外に行きたい!」と小中学生くらいのころから常々思っており、その度に親からは「大人になってからいきなさい」といわれておりました。

 

専門学校に入学し、初めての一人暮らしを経験し、就活やらバイトやら20歳になりお酒解禁になるや友達と夜な夜な飲み歩くことで忙しくなった私は「海外に行くなんて夢のまた夢・・・・・・そのうち旅行に行くぞ!」という思考にシフト。

専門学校を卒業するタイミングで初・海外一人旅を決行し、人生初の海外旅行を経験。その1週間後には友達と台湾旅行をし、思う存分楽しんだ私は、新卒で某アパレル会社の正社員として入社しました。

 

そこからは仕事を覚えるのに必死、初めての社会人として大変なこと、楽しいことも多く、また転勤などもあり割と忙しい1年目、2年目には副店長になり更に忙しくなる怒涛の日々を送る中で、2度目の転勤。

とある休日、春。私はスタバで一人、バニラクリームフラペチーノにキャラメルソースをトッピングしたものを飲みながらウィンドウ越しに道行く人を眺めていました。

 

その時にふと、思ったのです。

「このままでいいのかな・・・・・」

その時は入社3年目になり、23歳目前の頃でした。学生の頃思い描いていた20代を過ごせているだろうか。海外に行きたいとあれだけ思っていて、23歳になる今、2回しか飛び出していない。でも仕事で忙しいんだから長期休暇なんて取れない。バックパッカーに憧れていたけど、副店長になったし、そんな数ヶ月スパンで休むなんて不可能だ。そんな考えが頭をよぎる。

「大人になってから行けばいい」

いつからかそんな風に思っていた。でも少し立ち止まって気付いた。

「もう大人じゃん・・・・・・」

なのに何してんだろ。本当にやりたいことがあるのに、別にやりたかったわけじゃない、やりたいわけじゃない仕事をして日々を消費している。

このままじゃいけない。

本能的にそう思いました。

「やるしかねぇ」

そうして私はスタバで「ワーホリにいく」ことを決意し、その2年後には会社をやめることになるのです。(だいぶ端折った)

 

 

余談。

よく、ワーホリ行きます。と周りに伝えると「何しに行くの?」と聞かれます。(ワーホリ行く前あるある?)いろんな理由があると思いますが、「海外で生活してみたい」「語学を学びにいく」「大きなチャレンジをしてみたい」系の理由が多いんじゃないかな?と思います。

すると大体が「遊んでるだけじゃん」「語学を学ぶのなら日本でも出来る。なぜわざわざ海外へ行くのか」「帰ってきたら仕事ないよ、どうすんの?」「明確な目的もないのに行ったって意味ない」・・・・・・この返しもあるあるなのかな。笑

 

これ全部、無視していいと思います。

 

なぜかって、こういう言葉を投げかけてくる人って、日本からほとんど出たことがないorワーホリを経験したことのない人だからです。

まず、行ったこともない経験したこともない人には何もわからないことが大前提にあって、そして、「自分の稼いだ金で好きなことをする」ことに注目すれば、いわば趣味と一緒。その金で何をしようがこっちの勝手。他人が口を出すことじゃない。

「遊んでるだけじゃん」→自分の金で遊んでいて何が悪いのか?

「語学を学ぶのは日本でも出来る」→日本で出来るなら海外でも出来る。単純に住みたい場所に引っ越すというお話。逆に日本にい続けなければいけない理由はなんだろう。

「帰ってきたら仕事がない」→何の根拠?日本ではなぜか「ワーホリに行くと仕事がなくなる」と古来より信じられているようです。

「明確な目的がない」→身内ならまだしも、他人の趣味に対して「それ明確な目的なくない?」という人。ならあなたは日々どんな素晴らしい目的を持って生きてるのでしょうか?(嫌味な言い方ですが・・・・・・)

 

こういう人に限って日々の生活に流されるまま生きているんじゃないかと思います。明確な目的?そんな立派な考えを持って生きてる人の方が少ないんじゃないかなーと個人的には思っています。

「ワーホリがしたい」以外にも、「~~がやりたい!」と思える人の方が幸せだと私は思っています。短い人生の中で、早い段階でやりたいことが見つけられて、それを実行に移せる環境にあるなら周りがなんと言おうとやってみればいいんだと思います。

 

なぜなら、その気持ちは永遠に持続するものではないかもしれないし、いつでもチャレンジすることが出来るものではないかもしれないからです。

 

「やりたい!」と思う気持ちは今だけの気持ちかもしれない。いつかやろうと思っていても時間が経ち年齢を重ねると「もういい年だし、やらなくてもいいかな」「あのときほどの情熱がない、時間もお金もあるけど違うことに使おう」となってしまい、それはもう経験できないことになる。そうやって大事なことを後回しにしてしまうと未来の自分には何も残らない。「若いときにやっておけばよかった」という後悔だけが残るのです。

そして、内容によっては「今しか出来ない」ことかもしれない。

「大人になってからやればいい」「お金がたまったらやればいい」「時間が出来たら

」「定年退職したらやればいい」ではなく、「今」しかないのです。素晴らしい景色をみて20歳の自分が思うことと60歳の自分が感じることはまったく違います。気持ち、思い出、記憶というのはその瞬間の自分にしか味わえないものであり、未来の自分に託してはいけないものだと思うのです。

また、体力的にも難しい場合もありますしね。特にバックパッカーなどは。

 

時間は永遠じゃない。思いも、気持ちも、永遠ではないのです。

永遠なんてものはないし、「いつか」はやってきません。確かな「今」だけがあるのです。今決断できないものは未来の自分にはやってきません。

 

なので私はここから軌道修正していきたいと思って今を必死に生きております。残りの20代を充実して終わらせられるように・・・・・・。

 

全ての迷えるワーホリ志願者へ届けばいいなぁ。みんながんばれ。負けるな。自分に。

未来ではなく、過去でもなく、「今」を大切に。

 

 

バイエルンチケットの購入方法【ドイツ旅】

2017年夏頃から2018年冬まで仕事を休職しておりました私は、実は12月にドイツ・ミュンヘンに一人旅していました。心と体が少しずつ復活してきて、「ここらでリハビリがてら、海外旅行にでも行くか」と思い立って約1週間の一人旅へ。海外旅行は4年前のフランスぶりです。ずいぶんあいたなぁ……。

 

そんな私が海外へ旅行するときのポイントは、「どれだけ安くいくか!」です。

特に交通費。現地で動き回るときの交通手段を何にするかでかなり旅費を抑えることが出来ますが、初めて海外へ行く人や、英語が話せない人、ホテルまでちゃんとたどり着けるか不安な人はタクシーやツアーの送迎オプションをつけたりすることもあるでしょう。確かにその方がホテルの目の前まで行ってくれるし、乗り継ぎもなくスムーズに目的地に着くことが出来るのでメリットもたくさんあります。楽ですし。

 

しかし、メリットがたくさんある分、デメリットもあります。当たり前ですが、お値段が高い!例えば空港⇔ホテル間の移動、もしバスや地下鉄を使えば数百円~千円くらいでいける距離だったとしても、タクシーや送迎オプションをつけるとその倍以上はかかるはずです(利用したことがないので曖昧)。

 

だったらバスや地下鉄で行ってやる!


そもそも、私にとってはその移動も旅の醍醐味です。できるだけお安く、現地の人が良く使う交通機関で移動したい!旅の費用を抑えたい!という私のようなタイプの方は下に進んでください。いやいやタクシー使うよ!という方はさよなら。お元気で。

 

さて、ドイツでの主な交通手段といえば、

  • S-bahn(電車)
  • U-bahn(地下鉄)
  • バス
  • トラム

になります。

 

そこで旅行者にオススメなのが、

バイエルンチケット」

と呼ばれるもの!

 

バイエルンチケットとは~

バイエルン地方(ドイツ国内、近隣の国・・・・・・例えばオーストリアザルツブルグなど)を上記交通機関で移動する際に使える便利なチケット。主な購入場所は駅の窓口、券売機、ネット。チケットを買ってしまえば1日乗り放題なので、好きなところで降りたり、時間が許す限り遠くへ行ったり、とにかく値段を気にせず乗り物に乗り放題となるので有名な観光地巡りをしたい人にはもってこいのチケット。一枚買えばほぼどこでもいける。


デメリットとして、

  • 高速鉄道(ICE、EC、IC)は使えない。
  • 使える時間が平日は朝9:00~翌3:00まで。土日祝が日付が変わってすぐ0:00~翌3:00まで(土日祝のほうが利用できる時間が長い)

※私はミュンヘンを拠点にローテンブルクやニュルンベルクザルツブルグなどなど移動しまくってたので購入してよかったなと思います。特にノイシュヴァンシュタイン城に個人で行かれる方は購入したほうが良いと思います。ミュンヘンからの話になりますが、行き方としてミュンヘンフュッセン(鉄道)、フュッセンノイシュヴァンシュタイン城(バス)での移動になると思いますがこの間全てバイエルンチケットでいけます。楽です。

 

 

ところで、私がネットで見た情報によると、ミュンヘン中央駅の券売機には日本語表示があるから購入が簡単!と書いてあったので安心して行きましたが、私が見つけた券売機には日本語表示はなかったです。駅構内のも鉄道乗り場の券売機も両方見ましたがなかったです。ちなみにミュンヘン空港の券売機にも日本語表示はなかったです。「なぜだ・・・・・・」と思い、日本に戻ってきてから調べたら、どうやら券売機には赤い券売機青い券売機があって、青い券売機の方に日本語表記があるそうです!そういや私が買ってたのは全部赤い券売機でした・・・・・・。

 

 

そしたら、次に「実際にどうやって買うねん」「窓口で現地の人とやり取りする自信ないよ」とか「券売機で買ってみたいよ」という方へ、実際に買ってみた時の流れを画像で説明します。

※2017年12月時点での情報です。

 

 バイエルンチケットの購入方法

f:id:kurokuro08:20171222112923j:plain

光が飛んでいてちょっと見づらいですが、ミュンヘン中央駅にある券売機の画面です。赤い券売機なので日本語表記がないです泣

仕方ないので英語表記にして購入を試みます(英語もよくわからん)。

🇬🇧を押して英語表記にしたら、次はやじるしのBayern Ticketを押します。

 

f:id:kurokuro08:20171222112928j:plain

利用する人数を選びます。

利用する人数が多ければ多いほどおトクなチケットなので、団体であればあるほどお安くなります。

ちなみに1人だと23ユーロ(券売機で買うと手数料2ユーロかかるので25ユーロ)、2人で31ユーロ、3人で37ユーロと人数が1人増えるごとにプラス6ユーロずつ増えていきます。

 

 f:id:kurokuro08:20171222112932j:plain

席のクラスを選びます。

2classが一般席、1classが日本で言うグリーン車のような存在です。

もちろん私は2classです。

 

 

f:id:kurokuro08:20171222112937j:plain

利用する日を選びます。

当日分以外も買えるので、明日の分や日付を指定してまとめて今購入しちゃいたい!という人はToday以外の横のボタンをポチっとします。私は当日分しか買わないのでTodayを押します。

 

f:id:kurokuro08:20171222112941j:plain

bahn.bonus.point(バーンボーナスポイント)を貯めているかどうかを選びます。

なんじゃそれ?と思われる方が9割9分だと思いますが、調べてみるとどうやらbahn.bonusという鉄道旅客向けの特典プログラムと呼ばれるものがあり、それに登録してポイントを貯めると鉄道無料券やファーストクラスへのグレードアップ、バッグやアクセサリーといった欲しい商品との交換などなどその他色々な特典があるサービスのことで、上の画像では会員に向けてポイントを貯めるかどうか聞いてる画面になります。なにそれ。初めて聞いたわー。会員じゃない、またはよくわかんねぇという人はDo not collectを選択します。登録したい人はwebサイトがあるので登録してみてちょ。

 

 

f:id:kurokuro08:20171222112947j:plain

最終確認です。

上から

  • 人数
  • 席のクラス
  • 利用する日
  • 自転車かどうか
  • ポイント貯めるか貯めないか

あれ?自転車かどうとかの説明急に出てきた。私は一度も見かけてないですが、こういう表示があるということは自転車を乗せて移動する人って多いんですかね・・・・・・。

 

上記の内容で訂正する箇所があればChangeを押して変更します。

 

料金を確認したら最後にPayを押します。

 

画像はここまでしか撮ってないんですが、Payを押すと現金かクレジットカードか選ぶ画面が出てきますので、好きなほうで支払いをします。機械にカードを差し込む場所とお金を入れる場所があるのでここまでくれば大丈夫だと思います!

 

支払い終わるとチケットが出てきます。

チケットには名前を記入するスペースがあるので、チケットを手にしたらとりあえず名前を書いておきます。利用する人数分の名前を記入します。

 

これで完了です!あとはチケットを使って移動しまくりましょう!!楽しいドイツ旅行になりますように!!

 

 

 

あ、そういえば旅行前、ネットで情報収集しているときに「チケットは乗る前に青い機械にガッチャンと通して日時を刻印しないといけない」と書いてあるのを見たので、その機械を探してバイエルンチケットを突っ込もうとしたんですが、

 

 

チケットが入らない!!!

 

 

えー!?と思ってガシガシ突っ込もうと試みましたが明らかにチケットを入れる場所のサイズとチケットのサイズが違うんですよ。なんじゃこれと思ってまた日本に帰ってきて調べたら、どうやら青い券売機で買ったチケットは通さなきゃダメで、赤い券売機で買ったバイエルンチケットは特に何もする必要がないようです。

 

f:id:kurokuro08:20180303192310j:plain

ガッチャンとする青い機械。

※写真を撮り忘れたので、グーグルの画像検索で出てきた画像をお借りしました。

 

なんだ・・・・・・。

おそらく現地の人は私を見て「何してんだあのアジア人」と思ったことでしょう。ちょっと恥ずかしかったです。

 

 

とまぁ、ざっくりな説明になってしまいましたが、一度買ってしまうと次からは簡単に買えますのでそんなに難しくないです!安心してください。


 

それでは、よい旅行ライフを!